2008年9月 9日 (火)

週末小旅行~フィンガーレイク4~

ポチっとクリックお願いします~!!pig

そして2日目の朝・・・・・ダイニングへいくと


Cimg1747

6人分のお皿


朝から見知らぬ人と・・・?ちょっと苦手私。

旦那は『君はいつもシャイだ!』というけど、
それとはちょっと違う。

日本の文化じゃないのだよ~っ!

外でも食事ができるというので、早速
外へ・・・・。

Cimg1749


ワイン農園のなごり・・・段のあるお庭


Cimg1751


そして・・・・ブレンダさん特製朝ごはん!

前の晩にメニューから選んでおくと・・・・


Cimg1764
朝からおやつ??
私のクレープ


Cimg1767
たまご何個分なのだろうか?
キッシュ


朝からお腹がいっぱいで、二人とも夜まで
お腹がすきませんでした。

そうそう、2組のカップルはダイニングで食べて
いました。

なんとなく自己紹介なんかしたりして、
でも素敵なカップルだったので ホっ。

さて今日の目的はナイアガラの滝。

早速出発。

Cimg1773
走るも走るも
コーン畑・・・


3時間、もうちょっと走ったのかな?
カナダ側がいい』って皆がいうもののかなり
国境が込んでいたし、帰りを考えて、アメリカ側で
みることにした。

間近でみるナイアガラも迫力あるじゃんよ~!
(と最初は思ってる・・・)

Cimg1798





Cimg1827







アメリカ側の人たち・・・。
滝の下に行った人はみんなびちょびちょ。

Cimg1813






カナダ側の人たち『霧の乙女号』


Cimg1831
ちょっとおかしい光景
だよね・・・。


会社の人も乗ったっていったからここに
いるかも??

一番びっくりしたことは『ここはインド?
って思うほど、インド人に出会ったこと。
最初はインド人に人気のスポットかと
思い、トロントに行った人に聞いたら、
そんなことないって言ってたから・・・・・

もしかしたら、国外に出れない人達も
いたのかも?

写真とる時もなんだか、皆どかないし・・。

それになんだかインド料理屋がおおい。

お土産物屋も寂れてるし・・・・。

かなり前にカナダからナイアガラを見たけど

やっぱり今度はカナダに行こうっと。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

週末小旅行~フィンガーレイク3~

ポチっとクリックお願いします~!!pig

目的地『Keuka Lake(キュッカレイク)』に着きました~。

夕方4時半くらいかな?


Cimg1877宿泊はマンション
『ELM CROFT MONOR』

ネットで予約したものの、なかなかいいんじゃない
ですか?1832年に建てられたらしく、昔はワイナリー
だったそうです。

オーナーはビバリーヒルズに住んでるらしく、
ここでシェフ、管理してる人はブレンダさん。
とってもいい人でしたよ。
(写真とるの忘れちゃったけど)



Cimg1868
玄関をはいると・・・
アンティークがいっぱい!


Cimg1866
それぞれの部屋で
ワインを楽しめる。



Cimg1869
豪華な応接間
自由につかっていい。


部屋に案内されると・・・・。

Cimg1659
『POSITANO』
とよばれる部屋。


かわいい~~!!!!!!

と着いたのもつかの間・・・・次の今回の旅の目的
があるので、さっそく車ででかける。
車で走ること1時間


Cimg1695
『DANSVILLE』の小さな
飛行場




Cimg1668
New York State
    Festival of Ballon』

 

40くらいの気球がどんどん空たかく
あがっている・・・。歌がなんだか頭を
よぎったのだけど・・・・

  ときにはなぜか 大空に
  旅してみたく なるものさ
  気球にのって どこまでいこう
  風にのって 野原をこえて
  雲をとびこえ どこまでもいこう
  そこに何かが 待っているから
  ランラランランランランランランランラ~
  ラ~ンランラランランランランラン
  
 


Cimg1684

なんだかかわいい・・・。




Cimg1705
こんな形のも・・・。




Cimg1725
 これはなんだ?




Cimg1686
どこまで行くんだろう?



乗ったはいいけど、帰りはどうなるのか
なんて思いながら・・でも結構感動。

帰り道・・・・。


『あ~気球・・・・・』

Cimg1731

 


トラックの運ちゃんびっくりしたらしく、
かなり、おそーいスピード・・・。

Cimg1732
だいたい降りるとこは
決まってるようだけど



なんだか変なほうに飛んで行っちゃってる
のもあったけど・・・ハイウェイに落ちてきちゃうかと
おもってびっくりしちゃった。

どうやって迎えにいくのだろうか??

それにしても・・・・。
『なが~い1日でした。』それでは明日パート4.




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

週末小旅行~フィンガーレイク2~

ポチっとクリックお願いします~!!pig

お腹がチキンで満腹になったところで、さあ~出発!
安上がりのランチでございました。


Cimg1625

車窓からはずーとこの景色。


コーン畑と農場・・・・そして誰もいない・・・・。
まるで高速のように65マイルくらいですっ飛ばす。

いや~北海道にはじめていったとき、
『うわ~でっかいど~北海道』って友達と叫びながら
(いや実際には叫んでないと思うけど・・・)
感動したけど・・・・。

まるで北海道を彷彿させる景色・・・。やっぱりアメリカ
は広いですな~。

Cimg1644


車で走ること30分・・・・Ithaca『イサカ』にちょうど
はいるあたり・・・。



Cimg1630

『Six Mile Creek』


実はこの旅の目的のひとつ『ワイナリー巡り
アメリカのワインっていったらカリフォルニアって
感じでしょ!

ニューヨーク州にもちょっとはあるのですよ~。
『Riesling』が有名。

そしてフィンガーレイクはワイナリーで有名な場所。

皆さんご存知、酒好きheart04カップルにはもっていこいの場所。




Cimg1638
ティスィングコーナーで試飲


真昼間から~wine バケーションだもんね~!


Cimg1639

ブドウ畑が広がっている

運転してて『Winery』って初めて目にはいったので
興奮して止まってワインまで買ってしまったけど、

あとから、あとから、ワイナリー・・・ワイナリー・・・である
ことに気づき・・・

あらら~どこが有名なところか、ちょっとは研究しないといけないと、
反省したのでした(笑)

ところで、Ithacaはフィンガーレイクのひとつ、Cayuga Lake の南側
に位置するCornell Universityのあるところ・・・。
キャピキャピの大学生がいっぱいである。

私もこんなところで勉強したかったな~なんて今頃思ったりして・・・。


Cimg1643

有名なレストランもあるらしい・・・


今回はKeuka Lake(キュッカ)に滞在予定のため、
ここは素通り・・・車窓から。

イサカから走ること1時間強・・・
見えてきました~   『キュッカレイク

Cimg1653

いえ~い!


この続きはフィンガーレイク3ということで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

週末小旅行~フィンガーレイク~ 1

ポチっとクリックお願いします~!!pig

9月1日がレイバーディ(労働の日)の祝日だったので、
久々、旅行にでも行くべ?ということになり・・・・

ニューヨークアップステイト、フィンガーレイク周辺に行く
ことにしました。

Fingerlakesmap

湖が指のように
並んでいることから
フィンガーレイク


8月30日(土)ニュージャージーの我が家を9:00
に出発・・・。
ひたすらハイウェイを走ること4時間、
Ithaca(イサカ)のちょっと手前の町Bingamton
(ビンガムトン)
で休憩・・・ランチタイム~restaurant

たまたま先週の『ニューヨークタイムズ』がフィンガー
レイク編でもあったため、食べるの大好き夫がかなり
熱心に研究していたのでこの旅はそれを信じることに
した私。

さあ~着いたよ!

え?ここ?まじで・・・・・・・・

なんだか超古い食堂のような??
結構、いや?かなりひいていた私。


Cimg1615
『Sharkey's』




Cimg1616




オーダーは研究家に任せることに・・・・。

Cimg1619
Pierogi(ピエロギ)という
ポルトガル料理。


餃子の洋風版のような?中身がチーズと
何かのミックス。
悪くない・・・・なんだか癖になる味。


Cimg1622
これはチキンの竜田揚げ?



パンは私いらなかったのだけど・・・
だってなんだか醤油味。
うまい・・・・ ビール~ください~って感じ。


Cimg1621
この店の看板商品
『Spideie Chiken』


マリネされれたチキンって感じかな?

なんだか全部おいしい・・・・。


Cimg1623 超~古いキッチンで
せっせとクッキングする
親父・・・。




Cimg1624
CLAM DOCTOR』って親父
『貝のお医者さん?』



CLAM を食べなくっちゃ駄目だったかな?
でもなんとなく、魚介類?信用できなくって(笑)

かなりこの旅、初っ端から、驚いちゃいました。
旦那を信じている私。。。大丈夫なのかしら?

でも、この店構えはかなり、驚きだけど味は
たしかにおいしかったよ

まずは合格点を進呈しました。

まだまだこの旅はじまったばかり・・・パート2
に続きます・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

Cape Cod Part 2~ Provincetown~

Province town は Cape Codの一番先端にある街。
1620年にメイフラワー号が初めて新大陸に上陸した
歴史的な街。

旦那のおばあちゃんが昔住んでいたところ。
てなことで、車を走らせること1時間。

Cimg0382
途中こんなにかわいい
ファーマーズマーケット。


ピータウン(通称)に到着~。

Cimg0385
コマーシャル通り
こんな感じのお店が立ち並ぶ。



Cimg0396
右に見える塔
---ピルグリム メモリアル モニュメント


これも登ったことはないけど、登ると街が一望
できるらしい・・・・。


Cimg0383
鯨観光で有名。

(見たことないけど)


Cimg0391
もう一つの街の顔
ゲイ タウン


旦那は小さいころ、男の人同士で腕を組んで歩いている
のを見てとっても不思議に思い、おばあちゃんに聞いた
ところ、話をそらされたそう・・・。
おばあちゃんも困ってしまったことでしょうね~。


Cimg0397
これで、ロブスターを取るらしい。
お店に売っていた。
とはいえ、いらないね。


2時間くらいプラプラとしたところで家路に向かう

とその前に・・・・プロビンスタウンの少し南Wellfeet
で夕食Time~!
食べてばっかりの3人組です。
Well feet オイスターが有名・・・きゃあ~楽しみ。

Cimg0401
古本屋とレストラン
変な組み合わせ


と思いきや、人気レストランだけあって・・・
(というか、その辺にレストランなかった気がする
 けど、まあ人気レストランということにして)

待ち時間30~40分。
隣の本屋で立ち読みしていると、呼んでくれる。

(でもちゃんと食べる前は手を洗ってね~っと思って
いるのは私だけ・・・のよう。え~???洗おうよ皆!

Cimg0400
オイスタ~!!



写真を撮ろうと思っていたのに、テーブルに
来た瞬間に、3人の手が伸びて、パクリ・・・

おいしぃーーーーーー!

こんな感じの1日Cap Cod観光でした。

その後、夫と二人交代しながら必死で運転してボストンまで
3時間の道のりを帰っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

Cape Cod(ケープコット)の1日旅行 Part 1

Boston_mapadp
ボストンから車で1時間
太平洋に突き出た半島
------Cap Cod

Cap=岬 Cod=タラ という意味。

3連休のお休み(コロンバスDay)だったので
土曜日からボストンへ。ボストンは旦那の実家。

日曜日、旦那ママと3人でケープコッドへ・・・・。

海岸なのでシーフードもおいしいけど、
アンティークの店が並んだりと、
ニューイングランドスタイルの町並み
がとっても
素敵 なリゾート地なのです。
もちろん、私の目的はシーフードとアンティーク。

まずは腹ごしらえといきますか。

Cimg0378
Brewster Fish House
Brewster(街名)
半島の真ん中あたりの町



Cimg0372
ホタテ、牡蠣のフライ
ムール貝・・・




素材はフレッシュで、おいしいのだけど、
調理法によってはもっとおいしくなるのだろう・・
な~んて“おいしい、おいしい”と食べている
アメリカ人二人を目の前にしては言えなかった。

ワインを頼み、しばらくすると、ウエイトレスが
ササって戻ってきた。

ID 見せてください・・・・”って私にだけ。

え~???

21歳なんて
とっくのとっくにと-----くに過ぎている
すっごい過去のことなんですけどぉ~。

運転免許書を見せると、のけぞるかのように
驚いて、思わずあやまられてしまいました。

って今これって自慢に聞こえる?いや~こればかり
はなんだか、うれしいというよりもショックでした。
いわゆる子供顔??じゃあ、旦那とそのお母さんは
私の何に見えたのだろうか?ホームステイ先の人

まあ、そんなことはさておきお腹もいっぱいに
なったところで・・・。

Orleans(半島の地図の真ん中あたり)にある
アンティーク屋さんへ。
私の行ったところは、お店というよりも、製作所(工場)。


Cimg0379_2
ここで古~いアンティークの家具が
Nickerson さんによって、こんな感じに
ピカピカに蘇るのですよぉ~。

欲っしい~!!”ってな感じで、
いろいろと興奮しながら、見てきました。

その後は半島の先まで車を走らせて Provincetown
それはPart 2にて・・・・。









| | コメント (0) | トラックバック (0)