トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月30日 (月)

日本語と英語の挨拶・・・

Dsc04280
ここへ来るとニューヨーク~ニューヨークって感じがするんだよね~!
会社へ行くまえに通るブロードウェイ

私の会社は、アメリカ人、日本人半分の比率。挨拶が結構むつかしい・・。日本人には『おはようございます。』『お疲れ様です。』アメ人にはもちろん『Good Morning』『Hi』かな。誰かにぶつかって、あっすみません』って言ったら、アメ人の女の子だったりして・・・。たまに日本語より英語のほうが楽でフレンドリーだと感じる時がある。
金曜日に会社を出るとき、『Have a nice weekend』って言われて・・『You,too』って答えればなんだか週末にむけて、なんとも楽しげである。結構気持ちもワクワクする。年末に日本では『よいお年を・・・』っていうのと一緒だけど。あんまり毎週末『よい週末を・・・』って言わない気がするけど、そう思ってるのは私だけかな?

とにかく、スーパーでも郵便局でも皆(ムッと仕事をしている人以外)は『Have a nice day』って口癖のようにスラって言ってくれるんだよね~。ちょっぴりうれしくなる・・のも私だけかな?最初はそれに『You,too』(あなたもね~!)てスラとでてこなくて、なんとなくニンマリ笑ってた。きっと、店員は『この子英語話せないんだわ~』って思われてたに違いない・・・。まあニューヨーク来たばかりはあんまり話せなかったから。。。その通りだけど・・。
口癖といえば、地下鉄で私がくしゃみをすると、どこからか2.3人の人が『Bless you!』と言ってくれるけど、きっとそれも、連鎖反応であろう。そのあと、どこかにむかって一応『Thank you』ってボソっていってみたけど・・・。

ところで、いまだに中学校でならった『How are you?』『I am fine,thank you and you?』が抜けない・・。おもわず『What' up? 』 『How are you doing?』って聞かれると、あせってしまうが・・あわてず『OK』『Fine』『 Good』『 Great』って言えばいいんだけどね~。
その後がどうも、気まずいが・・いつもその場をなんとなく去っている。。

この間、日本に帰るとき、タクシーに乗って空港までいったんだけど、タクシーのおっちゃんが『Have a nice trip!』と言ってくれたのに対して、おもわず『 You,too』って言っちゃったら、『オラはどこさもいかないけどね~』くらいな感じで笑われちゃったけどね~!

『Have a nice day!』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

おいしかった~タイ料理!

Dsc04279YUM YUM BANGKOK
9th Avenue(Between 45th & 46th)

金曜日の夜、ふらっと入ったお店で・・・。値段も手ごろで結構込んでた。食べたのはグリーンカレーと春巻き、牛肉のサテ、あと、ラザニアみたいな太い平たい麺にブロッコリとチキンのしょうゆ味にお味噌が入ったようなソテー。
ニューヨークのタイ料理は結構おいしい・・・。
次の日、会社でこの近くにすんでる(タイムズスクエアーに住んでるだけど・・・)友達に聞くと、結構有名らしい。この付近に他に2店舗あるんだって。つぶれそうなタイ料理屋を1件は買収したっていってた。彼女もここでテイクアウトをするらしい。

その近くの『PAM REAL THAI FOOD』(404W 49th)に実は入ろうと思ったのだけど、外まで並んでいたので、あきらめたの。ここもなかなかいける。『New York Times』で紹介されたPAMさんに逢える。彼女は毎日、チャイナタウンに仕入れにいって、今でも他のコックの作った料理も自分で料理の味を確かめるらしい。
香料なんかはタイから送ってもらっているって書いてあった。お試しあれ~!

9th Ave が最近になって、料理屋でいっぱいになってきて人気の場所になってきている。
昔は危なくて、近寄れなかったらしいけど。
またおいしいお店を探しにいこうかな~!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

運転免許とらなくっちゃっ!

Dsc04245車のプレート。もっとかわいいの(自分デザイン)がよかったけどお金がちょっぴりかかるんだって~!

旦那のお母さん(ボストン在住)に車を譲ってもらったので、ニュージャージーのVC(MOTOR VEHICLE COMMISSION)に名義変更(タイトルチェンジ)に行き、プレートをゲット。早速、ボストンへ着くや否や車に取り付ける。
Dsc04270              

     車にプレートを取り付ける旦那・・・!   

やった~!!10年型落ち、10500マイルだけど・・うれしいよ~。一応初自分の車なんだあ!
ニューヨークに住んでいたときに仮免(筆記試験だけでもらえる)を取ったのだけど、モタモタしてたら、ニュージャージーの住人に・・。仮免はなんの役にもたたないらしく、取り直し・・。友達に聞くと、日本の免許をもっていると路上試験免除らしいので、早速、そのMVC
に筆記試験をパスして免許取りにいかなくっちゃだわ~~!なので今、勉強中・・ちょっと待っててね~車さん~!

一応、ニューヨークの仮免(LERNER PERMIT)を持っているので、隣に免許保持者がいれば運転できるので、ちょっぴり運転して帰ってきた。でも、車を運転し始めた直後、ウィンカーとワイパーを間違えないように・・ってココロで思ってるのに、目の前でワイパーが右、左・・・長年の(っていっても運転してないけど)癖っつうのは抜けないものね~。

運転免許を取ったらどこへでもビュンビュンいっちゃうのだ~。その前に試験だった。
トホホ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

手作りピザ

Dsc04240おいしかった~!!!!

私の大好きなお店『TRADER JOE'S』(いわゆるちょっぴりおしゃれなスーパー)が隣町のWestfieldにあるのを知って、早速旦那とグロサリーショッピング。

ピザの生地(99セント)ガーリック、バジル入りを見つけると、二人のお腹はピザムード。早速モッツァレラチーズ,ペッパーローニ,トマトソースを買ってわくわくしながら帰る。

ピサの生地をのばし、家にあった、アンチョビオニオンをトッピング。あとは30分オーブンへ・・・。
そこらのピザ屋よりおいしいじゃないの~!今度ピザパーティーしようって心に決めたのでした。

おまけ・・・。 これまた、おすすめが『Chocolate covered mini Pretzels dark chocolate』
Dsc04272
ダークチョコレートが口の中でとけるとちょっぴり塩味のプリッツェルが・・なんともいえないおいしさです。ポッキーのようなでもちょっと違う・・・。

今度日本のお土産に買っていこう~って思った一品でした。($2.99)値段もお手ごろよ!

日本食大好きな私だけど、たまーにアメリカのおいしいものを発見すると、うれしくなっちゃうと同時に太っちゃうわよね~(トホホ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

雪かき

Dsc04233_1日曜日、朝起きると外は真っ白・・・・。わーい!雪だるまでも作ろう!なんていってられないのだった。
マンハッタンのアパートに住んでいた時はアパートの管理人のおっちゃんとそこで働いてるお掃除のおじちゃんがセッセと雪かきをしてくれていたけど、そうはいかないのが、一軒家。もしも、家の前の雪で滑って、怪我をしたら訴えられるそうである。本当にそんな訴訟はあるのだろうか?LAWERの免許をもっている旦那が言うのだから本当であろう。それにアメリカは訴訟の国・・やばいよね~そんなことで訴えられたら・・。日本でもそうなのだろうか?弁護士に頼むほうが、こっちでも、どこでもお金はかかるし時間もかかると思うのだけど・・・。だからそうであっても、面倒できっとお金と暇がある人が訴えるのかしら??なんていろいろ考えているうちに、旦那はセッセとアパートのおっちゃんがやっていたように、雪かきをしてくれた。家は小さな家だから、シャベルで事が足りるけど・・。友達は去年、雪かきが本当に大変だったから、雪かきマシーンたるものを買ったってそういえば言ってたなあ・・・。きっと大きな家なのだろう。旦那がずーと外で寒いのではと思い、スープでもと思い作っていたら、『暑い~ビール頂戴!』だって!そりゃあそうか。一種の運動だもんね~。ダイエット中の旦那様は雪かきで一生懸命汗を流していたよ・・。一石二鳥かな???今度は私もやろうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

ニュージャージーTransit BUS編

会社から帰ってくるときにたまーに使うのがバス。MONTHLY PASSでバスも電車も両方使えるから結構便利・・・。ラッシュアワーでなければかなり早くマンハッタンから帰ることができるの。ポートオーソリティー(42丁目(タイムズスクエアー)の大きなバスターミナル)から私の最寄駅クランフォードまでエクスプレスだと35分くらいだから、電車よりもはやい場合があるんだあ。それに電車だと1回乗り換えがあるのだけど、バスだとただ座っているだけで着いちゃうから結構、バスにはまってるの。やっと最近、迷わず乗れるようになったのだけど・・・1番最初に乗ろうと決めた日、どこから乗っていいのやら・・馬鹿でかいバスターミナル・・。インフォメーションセンターもどこにあるやら・・・時刻表をもちながらおろおろ。ちょっぴり涙モードになりながら、『こんなことならいつもの電車にしとけばよかった・・』くらいの気持ちで歩きまわって、やっとの思いでインフォメーションセンターに着くとバスの番号を言った瞬間に『222』といわれ、あら?あの黒人のおばちゃん、全部暗記してるのかしら?なんて妙に尊敬かなんかしちゃって。。でもあわてて222に行って、飛び乗って・・。でもそれから窓に顔くっついちゃうくらいの勢いで外をみて、あ~ここだあ・・ってところで『ボタン』を押すんだけど、あんまり親切に案内ってしてくれないのよね~。夜だから余計わかりずらいからドキドキしちゃった。でっ次の日、また自信をもって、『222』に行き、『クランフォード行き』ってバスに飛び乗ると、なんだかエクスプレスじゃなかったみたい・・でも自分ではまあ、のんびり行くか~なんて思ってたら、本当につぎつぎとローカルの駅に止まるから『はあ~いつ着くのやら・・』って感じだったけど、みんな毎日同じ時間に乗ってるみたいで、運転手やら乗ってる人やら、なんだか知り合いっぽくて、仲間に入れない私は人の話を聞いて、『クスッ』って笑ったりなんかして余裕をかましていた・・。ところが、クランフォードに近くなるにしたがって、どんどん人がいなくなり、最後には私ともう一人の男の人になってしまい。その人も降りちゃって・・。とうとう運転手さん『ねえちゃんどこ行くの?』って聞くじゃない?『クランフォードにいきたい』っていうと、運転手さん『あ~これねクランフォードって書いてあるけど行かないよ!』『え~~?????』『クランフォードにいきたい人はね~エキスプレスに乗らないと』って言うんだもん。一瞬目の前まっくら・・。わたしってばどこにいるのだろう?って『え~こんな知らないところで降りるの??』でも運転手さん『クランフォードまで行ってあげるよ!そうやって書いてあるものね~』って。。。ココロはその瞬間ホットしたのだけど・・・。
その後、運転手の横の席に座って、なんだか運転手から質問ぜめ・・最後には『結婚してるの?』って聞くから、なんだこいつ口説いてるのか・・って思い、『Yes』って言うと、『いい女ってば皆結婚してるんだよね~』だって・・・そんな言葉に一瞬うれしくなっちゃったりしたけど(う~ん私も結婚する前そう思ってた『いい男ってみんな結婚してるんだよね~』って・・いやいや、そんなこと考えてる場合じゃない・・それよりはやくクランフォードに着いてくれ・・って祈っていた。着いたら、その運転手『またね~』っていうから、『今度はエキスプレスのるから、もう逢わないじゃん!』っていうと、『ねえちゃんまたきたら乗っけてきてあげるよ・・』だってさ!そんなことって日本じゃありえない。。後で考えればちょっと怖いよね~!っていうか『クランフォード行き』ってそれじゃあ書くなよな~って思いました。それ以降はちゃんと帰ってこれるよになりました。日々いろいろ勉強です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

ニュージャージーTransit

朝6時起きにだんだん慣れてきたものの、冬の朝は本当に辛い・・・。ワシントンハイツというマンハッタンの最北端から会社に通っていたときより1時間も早く起きなくてはならないの。でも、電車は快適。たまたまストライキの始まった日からニュージャージーからの出勤で、幸運なのか、MTA(ニューヨークの地下鉄)を使わずに会社まで出勤できたのです。月ごとの定期券を買って・・・ということは融通が利かないのです。月の途中から買うと損しちゃうし、なんとも大雑把な定期券なのです。なので印刷は今は1月なので『JAN』となってるの。毎朝電車に乗ると、車掌さんがやってきて、切符や定期をチェック・・毎日思うのだけど、よく次の駅から乗ってきた人と前から乗ってる人を区別できるなあ~と思う、もちろん、なにかしらの印を椅子につけているけど、朝などの通勤ラッシュの時なんか、そんなチェックしていないような気がするのだけど・・・。だって、私達ったら2週間前に次の月の定期を買えるってしらなくて、『JAN』って書いてある定期を堂々と12月なのに見せたら、そのまま乗ってニューヨークまでいけちゃったんだよね~。帰りにまた堂々と見せたら、『それは1月の定期だっつうの~』くらいの勢いで言われて、その時初めて『あ~MONTHLY PASSってその月、その月なのね~そりゃそうだよね~』なんて知ったりなんかして・・。でもその時はいい車掌さんだったみたいでチケットを正規の値段で売ってくれたのね。そして私がクランフォードって自分の駅でたまに車掌さんから切符を買っている人がいるのを見て、『あ~車内でも買えるんだ~』なんて思って、ある日朝飛び乗って、切符を購入したんだけど、『あ~この駅は機械がないからな~』って旦那の言ってることが最初わからなくて、ニューヨークから帰るときも、この前定期を見せて、間違えちゃったときも切符買えたから、堂々と電車の中で買おうとしたら『はい5ドルチャージね~』なんて・・・たった5ドルなのに、自分の無知度にすごくショックで・・・・ションボリ・・・『え~知らないよ~』旦那に話すと『あれ?知らなかったの?機械のない駅はいいけど、ニューヨークのペンステーション(最終駅)は駄目にきまってるじゃん!』だって・・・でも次の日、よくよく電車の放送を聴くと、そんなようなこと言ってた。たまーに英語が耳を通りすぎて行っちゃうから、ちゃんと聞かなくっちゃって思いました。それにしても日本のシステムはこっちと比べると本当にすすんでるよね~。新幹線の自由席で車掌は切符調べないじゃない?東京の地下鉄なんて、入るときも出るときもほとんど自動だものね~!家の旦那様が最初に日本に行って、電車に乗ったとき、切符を機械に通して駅に入って、そのまま捨てちゃったんだよね~。こっちって入る時(乗る時)には切符必要でも降りるときっていらないんだよね~。今だにニューヨークの地下鉄を出るとき、思わずMTAカード(回数券みたいな切符)を手に持ってたりなんかするんだよね~。
一人で『癖ってなかなか抜けないね・・・。』ってクスって笑ったりなんかして・・・。明日もまた暗いうちにおきて、ニュージャージーからマンハッタンへ。。。はやく週末にならないかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

The Salvation Army

日本の引越し屋に頼んだのだけど・・・本当にテキパキ、テキパキ!さすが日本人なのです。すべてにおいて二重丸。これが日本だったらあたりまえなのかもしれないけど、時間通りだし、細かいし、丁寧だし。。。とにかく家の旦那様は大感激!えへへ。アメリカの業者だったら、アメリカ人じゃないんだよね・・物を運んだり、積んだりする人って・・・たまーに英語できなかったり・・・でも私の頼んだ引越し屋さんは4人とも日本人。そんなプロフェッショナルの4人も、おてあげが・・・ベッドのマットレスの下にボックススプリングスっていってもう一つマットレスみたいなのがあるんだけど、なんていったて古いお家、階段狭いし2階にあがらないの。それじゃあ、外から??ってこっちに窓って小さいじゃない?無理無理・・。引越し屋さんに『これ売って、新しく買ったほうがいいですよ・・』なんて言われてションボリ・・・。
お金ないし・・それじゃあ皆どうしてるのだろう?小さいベッドで寝てるのだろうか?なんて思っちゃって、主人も私も右も左もわからない街を散策・・・。『SEARS』(なんでも売ってるデパートみたいなところ)で聞いてみると・・『マットレスファクトリー』ってのがあるのを知って、直行すると・・その店に入る否や『クランフォード(私の町名)はね~古いお家が多いから、多いんだよね~こうゆうお客さん』『うちはね~だから半分に切ったの売ってんだよね~』って・・・神にもすがる思いで、注文・・・ってたって安くないのにねっ!でも1週間後に出来るってゆうから、ションボリムードはうきうきモードになったわけ・・・。でもその家にある大きな物体はどうするのだろう?日本だったら粗大ゴミでお金とられちゃいそうなんだけど・・。そこで旦那様は『Salvation Army』(お金のない人を助ける団体)、そこに持っていくっていうじゃない?へ~?ってことで、「DSC04227.JPG」をダウンロード
今日、車に積んで、もっていくと、そこは古着から食器から家具からなにからなにまで寄付されたものを安~く売ってるところなんだよね~。そこに寄付してきました。引越しの前も旦那の着れなくなった服をもっていったんだよね~。そこで寄付すると、確定申告の時に税金の引かれる額がちょっぴり少なくなるっていう得点もあるわけ。だからゴミ箱に捨てちゃうよりいいわけなのです。まだまだ部屋はくちゃくちゃなので、整理して、またいらなくなったものを持っていこうって思った1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュージャージへお引越し!

半年間くらい毎週のように探しに探し、とうとう11月にお家を見つけ、12月18日記念となる日になったのです。マンハッタンからニュージャージーに引越しをしたのです。アメリカで不動産購入初体験、夫婦喧嘩もし、旦那様は典型的アメリカ人なんだけど。。。モーゲージ(住宅ローン)もろもろ、すごーい勉強したって感じです。どうしても日本と比べちゃう私ったら、結構こっちの事情を把握するまで大変だったのです。なんといっても、古いお家の中からすぐれものを探す。。まるでアンティークショップでの宝物探しのようでした。私ったら・・『こんな壁いや~』とか『床がなんだか古臭い~』かいってると『色塗り替えるだけじゃん!簡単簡単!』『貼りなおすだけじゃん!簡単簡単』ってなんでも直す気満々の旦那様にいつもいつも脱帽でした。見る観点が全然違ったのです。だんだん私の考え方も変わってきたところに今のお家を見つけたのです。2005年の最大のイベントでした~!て。。笑ってもいられないのです・・・なんていっても1920年代に建てられたお家。これからが珍道中って感じかな?きっと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »